ビジネスローンには3割のルールは適用されるのか

資金調達をする際には、金額の高さが求められる事があります。しかし年収状況によっては、難しい事もあるので注意が必要です。ところでビジネスローンは、年収のルール適用外に関する特長があります。

1.年収の3割に関する規則

まず日本には、年収と融資に関する規則が存在するのです。と言うのも人々が借りる事ができる金額は、無制限ではありません。現在の年収に関する縛りは存在するのですね。例えば現在の年収が、300万だとします。その方が借りる事ができるのは、大抵は90万前後ですね。

というのも日本には、総量規制と呼ばれるルールが存在します。現在の年収の約33%以上は、借りるのは難しい状況なのですね。したがって90万までは借りる事が可能ですが、91万以上は原則難しくなります。

2.制限があると困ってしまう

ところで上記のような制限が生じてしまうと、やはり資金調達を望む方々としては困るでしょう。とりわけビジネスでは、まとまった資金が必要になります。事業などでは、かなり大きなお金を動かす事もあるでしょう。しかもビジネスでは、お金を借りる事ができないと、商売が成り立たない事もあります。それで年収による制限が生じるのは、とても困りますね。

3.ビジネスローンは3割の対象外

ところでビジネスローンには、その3割ルールに関する大きな特徴があるのです。原則としてその商品では、年収には左右されません。キャッシングなどの商品では3割ルールは適用されますが、そのビジネス用の商品は対象外となるのです。ですので状況によっては、そこそこまとまった金額を借りれる事もあります。

4.それでも3割以上は要注意

では3割を超えた分は「確実に」融資を受けられるかと言うと、決してそうではありません。実際のビジネスローンの融資額の状況を見ると、実は3割超過分は難しいケースが多いです。やはり金融業者としては、「年収の3割を超えて借りるのは少々危険」と考えている訳ですね。

一応は総量規制外ではありますが、現実は「3割を超えると難しい」訳です。ですので上記の300万の方なら、やはり最高90万が限界になるでしょう。

3割を超える融資はやや困難

つまり総量規制については、
・年収の3割前後が総量規制
・ビジネスローンは一応は規制外
・現実的にはビジネスローンで3割を超える借入は難しい

こういった事が言えます。一応は3割以上借りれる可能性はあるのですが、その確率は低い訳ですね。ですのでそのビジネス用の商品で借りたいと思うなら、「年収の3割」という目安は頭に入れておくのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です