財務状況が厳しくてもビジネスローンで融資可能か

ビジネスを行う方々の状況は、とても多彩です。そして事業というのは、必ずしも順調に進むとは限りません。もちろん何かの都合で、赤字決算になる事もあり得るでしょう。しかしビジネスローンによっては、それでも借りれるケースはあります。

1.財務状況は審査される

そもそもビジネスローンの申し込みをすれば、必ず金融会社は色々な確認を行います。確認項目の1つは、申込者の財務状況の健全性なのですね。それで健全ならば、当然融資は受けやすくなる訳です。

逆にあまり健全でない方々の場合、もちろん難しくなる傾向があります。ですので財務状況が赤字となると、厳しくなる事は多いです。

2.以前は門前払いだった

それで以前のビジネスローンは、実は赤字の方々は少々厳しかったのです。ローンの申し込みをする際には、もちろん銀行に対して様々な書類を提示する事になります。その書類から赤字が発覚した場合は、昔はほぼ確実にお断りになっていました。

赤字と判断されただけで、門前払いになる事例も非常に多かったのです。ですが、ある意味それは当然ですね。銀行としては申し込み者の返済能力を重要視する以上、やはり赤字の方々は難しくなるのが自然でしょう。

3.多くのローンの登場により緩和が発生

ところがここ数年間で、ビジネス関連の融資商品はだんだん増えてきました。となると、金融業者の方々としてはライバルを意識せざるを得ません。うかつに断ってしまいますと、他の金融業者に顧客を取られてしまう可能性があります。

そこで金融業者としては、敢えてハードルを下げる事があるのです。顧客確保を優先させる必要があるので、たとえ赤字の方々でも融資をする業者も、最近は増えつつあります。ですのでビジネスローンによっては、たとえ赤字決算でも借りれる事はあります。

4.それでも赤字は要注意

しかし、やはり現実的には赤字の方々が不利になるのは確実です。金融業者の目線からすれば、やはり黒字経営の方々を優遇したいと思うのは、ごく自然ですね。赤字でも検討の余地はありますが、100%確実に借りれるとは限らないので、要注意です。

赤字でも可能な会社を検討

ですので赤字の方々のビジネスローンに関しては、次のような状況です。
・昔は赤字の方は難しかった
・最近はライバルが増えたので赤字でも借りれる事はある
・それでも赤字では不利になる

結局、赤字では厳しいのは確実ですね。ただ中には借りれる可能性がゼロでない金融会社もあるので、赤字でも資金を調達したいなら、敢えてそこに申込をするのも一法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です