アコムによるビジネスローンと早さなどの特徴

金融業界で有名な会社の1つに、アコムがあります。キャッシングなどで有名な会社ですが、実はそこはビジネス用の商品も扱っています。その会社による商品は色々とメリットがあり、早さや総量規制などです。

1.ビジネスローンによっては時間がかかる

ビジネスローンは、各社により速さに関する違いがあります。例えばある銀行関連の業者の場合は、申込から融資が実行されるまでの日数は、最低でも3日程度になるのです。また別の業者の場合は、最低1週間ほどの所要日数となります。つまりローンによっては、融資までに日数を要する事がある訳ですね。

2.当日中に借りる事が可能

ところがアコムの場合は、早さに関する大きなメリットがあります。この業者では、申込をした当日中に借りる事は可能なのですね。事業などでお金が必要な時は、とにかく急ぐことも多いです。取引先との兼ね合いがあって、1日でも早く資金を調達したいこともあるでしょう。そのような方々にとっては、アコムは非常に便利です。

3.総量規制に関する特長

また金融商品を利用するとなると、3割ルールがポイントになる事があります。日本では、年収の3割以上を超える金額で借りるのは、原則として困難なのですね。年収が350万なら、105万以上で借りるのは大抵は不可能です。ところがアコムの場合は、例外的に借りれる場合があります。個人事業主に限定されますが、アコムでは3割以上借りれる事もあるのです。ですので状況によっては、やや高めな金額を借りれることもあります。

4.状況によってはお断りになる

ただしもちろんアコムでも、様々な確認が行われます。申込をすれば、必ず借りれる訳でもないのですね。例えば業歴は、1年以上と設定されています。つまり事業を営んで半年程度では、お断りになってしまう事があります。また現在の負債の状況によっては、多少難しい事もあるのです。どの商品にも言えますが、所定の審査が行われる事は要注意でしょう。もちろん何も問題なければ、希望金額で借りる事はできます。

スピードが特徴的なアコム

つまりアコムは、ビジネスローンに関して次のように言えます。
・他社と比べるとスピーディーに借りる事ができる
・総量規制は適用されないので多く借りれる事がある
・審査によっては難しい事も

アコムの場合は、やはり上記1点目が特徴的ですね。他の銀行系の会社と比べても、かなりスピーディーです。様々な都合によって急ぎで資金をしたい時には、おすすめ会社の1つです。

千葉銀行によるビジネスローンと担保や団体割引などの特長

千葉銀行では、事業を営む方々への融資商品を取り扱っています。この銀行による商品には、2種類あります。主に担保などが特徴的ですね。また団体の会員になっていますと、金利が低めになるのも特徴的です。

1.担保などは求められない

まず千葉銀行の場合は、担保に関する特徴があります。そもそもビジネス用の融資商品では、何かを担保にしなければならない事もあるのです。例えばある有名な金融会社では、不動産物件の担保が必要になります。

ですが建物などが担保になってしまうと、不安点なども生じてしまうでしょう。万が一の滞納が生じると、物件売却の可能性が生じるからです。ところが千葉銀行の場合は、担保は必要ありません。それだけ気軽に借りれるのは、この銀行のメリットの1つと言えます。

2.金利が比較的低め

それと千葉銀行には、手数料に関するメリットがあります。現時点では、最低2.8%から借りる事ができるのですね。2.8という数字は、そのビジネス用商品の中では低い方です。他社のビジネス商品ですと、3%台になる事も多いからです。コストを抑えて借りれるメリットは大きいですね。

3.個人事業主でも借りる事ができる

またビジネスを営む方々は、もちろん法人だけとは限りません。個人事業主というビジネスもあるでしょう。ただビジネスローンによっては、個人事業主では難しい事もあるのです。

ところが千葉銀行の場合は、個人向けの商品も存在します。法人向けコースに比べれば借りれる額は低めになりますが、それでも個人でも利用できるメリットは大きいでしょう。ちなみに個人の場合は、保証人が不要になります。

4.千葉の団体会員は手数料が低くなる

ところで千葉には、様々な団体が存在します。商業に関わる団体は数多くありますが、中にはそこの会員の方々も見られるでしょう。その場合、実は千葉銀行では金利が少し低めになるのです。

この割引は、千葉銀行の独特のシステムですね。他の金融会社によるビジネスローンでは、そのような会員割引のシステムはまず見られないからです。ですので千葉の団体に加入済みの方々にとっては、メリットが大きな商品と言えます。

千葉銀行のローンの主な特長

このように千葉銀行のビジネスローンには、以下のような特徴があります。
・担保は必要無い
・手数料が比較的低い
・個人でも利用可能
・団体割引がある

とりわけ4点目が、千葉銀行の一番大きな特徴ですね。千葉の商業団体に加入しているなら、この銀行はおすすめです。

ビジネスローンの借り換えと負担減少などのメリット

ビジネスローンを利用中の方々は、必ずしも満足しているとは限りません。何かの理由があって、不満点がある方も見られるのです。その場合には、他の商品に乗り換えてみる選択肢もあります。いわゆる借り換えです。

1.金利が高すぎる不満点

ビジネスローンによっては、若干金利が高めなタイプもあります。融資のスピードは非常に早かったものの、後々になって金利の高さで苦労してしまう方々も見られるのです。しかもビジネスでは、資金の節約が求められるケースも多々あります。コストをできるだけ抑えたいのに、毎月の負担が大きくなってしまえば、色々と困るでしょう。

2.手数料に関する不満

また金利の他にも、様々な手数料に関する問題も見られます。例えば繰り上げ手続きですね。繰り上げは、早めの完済を目指す時には非常に便利ではあります。しかしローンによっては、その繰り上げで手数料が生じてしまうのです。1万以上の手数料が生じる業者も非常に多いですが、やはりその負担は軽視できません。

3.負担を軽減させる為に借り換えを行う

しかし上記のような手数料の問題点は、ビジネスローンの乗り換えによって解決できる事もあります。例えば現在の年利が13%で重すぎるならば、12%台のローンに乗り換える選択肢はあるでしょう。また繰り上げ手数料が無料な会社も、中には存在します。つまり手数料が低めな所にチェンジしてみるやり方があるのですね。

4.毎月の負担額を軽減させる

その他にも、毎月の負担額の重さに関する不満点も見られます。例えば毎月に6万円ずつ返し続けているとします。しかし毎月6万では重過ぎると感じる方々も見られるのです。せめて4万や5万程度に軽減したいとの考えもあるでしょう。

それも、借り換えによって実現できる事はあります。返済期間が長めな商品に乗り換えることによって、毎月の負担額を減らせることもあるのです。もしくは上述のように手数料が低めな会社にチェンジして、毎月負担額を軽減させるやり方もあります。

負担軽減の為に借換え

このようにビジネスローンの乗り換えに関しては、以下のような事が言えます。
・金利や手数料が重すぎる不満がある
・会社によって手数料も違う
・低めな金融業者に乗り換える選択肢がある
・毎月の負担額を減らす為に借換え

このように借換えは、現在の負担を減らす為に活用される事が多いですね。実際、それで負担が減ることはあります。現在利用中のローンが重すぎる時などは、思い切ったチェンジを検討してみると良いでしょう。

ビジネスローンの銀行を比べる基準とその為のサイト

経営の為に資金調達をするとなると、銀行という選択肢があります。ノンバンクよりは手数料も低めですし、そこで借りる事を検討する方々も多いです。ただどこかの銀行を選ぶ事になるので、様々な基準で比較する事になるでしょう。

1.年率で比較をする

例えば、手数料などは比べる基準の1つになり得ます。というのも次のようなデータがあるのです。14.5と13.5と12.9と13.8です。この4つの数字が何を示すかと言うと、ある4つのビジネスローンの最高金利です。

ご覧の通り、全ての銀行で金利の違いがある事は間違いないでしょう。ですのでこの中では、もちろん12.9の銀行が一番安い訳です。

2.早さで比べる

その他にも、早さに関する違いがあります。ビジネスローンの場合は、たいてい3営業日くらいで融資が実行されるのですね。ノンバンクの場合は即日の事も多いので、多少時間がかかるのが特徴的です。

ですが、中には申込当日中で融資をしてくれる銀行もあります。そうかと思えば数週間くらいかかる銀行もあるので、やはり早さの違いはある訳です。

3.必要な書類や保証人に関する違い

それと書類なども、各銀行を比較する基準の1つになり得ます。例えばある銀行の場合は、必ず決算書が必要になってきます。そうかと思えば、別の銀行では決算書は必要ありません。

それと保証人の違いもあります。必ず保証人が必要になる所もあれば、そうでない所ももあります。ノンバンクと違って、保証人が必要になる銀行の方が多いですね。

4.効率良く選ぶ為に比較サイトを一読

このように各銀行を比べる基準としては、以下があります。
・年利
・早さ
・書類
・保証人

これらの要素を元に比較する事になるのですが、その方法は意外と大事です。一つ一つの銀行の公式サイトを見ていく方法も一応あります。しかし一つ一つを見ていくのは、あまり効率的ではありません。

やはり時間がかかってしまうからです。それよりは、比較サイトを用いる方が遥かに効率が良いでしょう。大抵は一覧表形式でまとまっていますので、各銀行を比べやすいからです。時間節約などを望むなら、比較サイトは一読しておくと良いですね。

最適な商品をサイトを用いて選ぶ

何せビジネスの為にお金を調達するとなると、金利や各種手数料などは軽視できません。負担はできるだけ抑えたいですね。そうかと言って手続きが面倒なのも、少々困ります。利用しやすいビジネスローンを効率良く選ぶ為にも、比較サイトなどを有効活用してみると良いでしょう。

ビジネスローンと繰上げや元利均等など4種類の返済方式

金融業界の業者から借りた時は、当然返していく事になります。それで返す方式にも、色々な種類があるのですね。ビジネスローンの場合は、全部で4つの方式があります。それぞれ手数料などに関する違いがあります。

1.残額に連動するリボ方式

まず返すシステムの1つ目としては、リボ方式があります。残り額に応じて、毎月の返す額が変わる方式です。例えばビジネスローンで借りたことによって、まず残金が35万になったとします。それで毎月の返す額は、15,000円だとしましょう。

それで返済を頑張って続けて、残金が20万円台になったとします。この時は毎月の返す額が減少し、13,000円です。更に10万円台なら、毎月1万などの具合です。残額と返済月額との間には、比例関係が存在する訳です。

2.手数料が一定になる元利均等

上記のリボに対して、毎月の返す額が一定になるタイプがあります。同じく上記のように、35万を借りたとします。それで毎月の返す額が15,000円に設定された時には、以後はその金額に固定されるのです。

たとえ残額が20万円台になっても、13,000円などになりません。毎月の金額が一定になるので、上記のリボよりも安定しているでしょう。リボよりも、総負担額が少なくなる事も多いです。

3.一括で全て返済する方式

また、もちろん一括払いもあります。あらゆる返す方式の中では、最も手数料が格安なタイプです。ちなみに分割の途中段階で、一括返済する事も可能です。ですので上記の35万の例で、例えば残金が20万円台になったとします。そこで一気に一括で返済する事もできるのです。

4.余裕がある時に期日を待たず返す方式

それと繰り上げという返済システムもあります。本来ビジネスローンは、毎月の決まった日付に返していく事になるのです。それが、例えば毎月20日だとします。その20日を待たずに、12日や15日など早めに返す方法もあるのです。

手数料を節約したい時には、とても便利な方法です。余裕がある時に、繰上げを行う方々も多いです。ただしビジネスローンの場合は、繰り上げで手数料が生じる事もあるので要注意ですね。

返済方式は4つある

すなわちビジネスローンでの返済方式は、以下の4種類になります。
・リボ
・元利均等
・一括
・繰り上げ

上記の中では繰り上げは非常に便利ですが、やはり手数料には要注意ですね。できるだけコストを抑えたいと思うなら、やはり一括がおすすめです。しかし毎月の負担を少なくしたいなら、やはりリボや分割あたりが無難ですね。どれを選ぶかは、状況に応じて判断する事になるでしょう。

ビジネスローンには3割のルールは適用されるのか

資金調達をする際には、金額の高さが求められる事があります。しかし年収状況によっては、難しい事もあるので注意が必要です。ところでビジネスローンは、年収のルール適用外に関する特長があります。

1.年収の3割に関する規則

まず日本には、年収と融資に関する規則が存在するのです。と言うのも人々が借りる事ができる金額は、無制限ではありません。現在の年収に関する縛りは存在するのですね。例えば現在の年収が、300万だとします。その方が借りる事ができるのは、大抵は90万前後ですね。

というのも日本には、総量規制と呼ばれるルールが存在します。現在の年収の約33%以上は、借りるのは難しい状況なのですね。したがって90万までは借りる事が可能ですが、91万以上は原則難しくなります。

2.制限があると困ってしまう

ところで上記のような制限が生じてしまうと、やはり資金調達を望む方々としては困るでしょう。とりわけビジネスでは、まとまった資金が必要になります。事業などでは、かなり大きなお金を動かす事もあるでしょう。しかもビジネスでは、お金を借りる事ができないと、商売が成り立たない事もあります。それで年収による制限が生じるのは、とても困りますね。

3.ビジネスローンは3割の対象外

ところでビジネスローンには、その3割ルールに関する大きな特徴があるのです。原則としてその商品では、年収には左右されません。キャッシングなどの商品では3割ルールは適用されますが、そのビジネス用の商品は対象外となるのです。ですので状況によっては、そこそこまとまった金額を借りれる事もあります。

4.それでも3割以上は要注意

では3割を超えた分は「確実に」融資を受けられるかと言うと、決してそうではありません。実際のビジネスローンの融資額の状況を見ると、実は3割超過分は難しいケースが多いです。やはり金融業者としては、「年収の3割を超えて借りるのは少々危険」と考えている訳ですね。

一応は総量規制外ではありますが、現実は「3割を超えると難しい」訳です。ですので上記の300万の方なら、やはり最高90万が限界になるでしょう。

3割を超える融資はやや困難

つまり総量規制については、
・年収の3割前後が総量規制
・ビジネスローンは一応は規制外
・現実的にはビジネスローンで3割を超える借入は難しい

こういった事が言えます。一応は3割以上借りれる可能性はあるのですが、その確率は低い訳ですね。ですのでそのビジネス用の商品で借りたいと思うなら、「年収の3割」という目安は頭に入れておくのが良いでしょう。

財務状況が厳しくてもビジネスローンで融資可能か

ビジネスを行う方々の状況は、とても多彩です。そして事業というのは、必ずしも順調に進むとは限りません。もちろん何かの都合で、赤字決算になる事もあり得るでしょう。しかしビジネスローンによっては、それでも借りれるケースはあります。

1.財務状況は審査される

そもそもビジネスローンの申し込みをすれば、必ず金融会社は色々な確認を行います。確認項目の1つは、申込者の財務状況の健全性なのですね。それで健全ならば、当然融資は受けやすくなる訳です。

逆にあまり健全でない方々の場合、もちろん難しくなる傾向があります。ですので財務状況が赤字となると、厳しくなる事は多いです。

2.以前は門前払いだった

それで以前のビジネスローンは、実は赤字の方々は少々厳しかったのです。ローンの申し込みをする際には、もちろん銀行に対して様々な書類を提示する事になります。その書類から赤字が発覚した場合は、昔はほぼ確実にお断りになっていました。

赤字と判断されただけで、門前払いになる事例も非常に多かったのです。ですが、ある意味それは当然ですね。銀行としては申し込み者の返済能力を重要視する以上、やはり赤字の方々は難しくなるのが自然でしょう。

3.多くのローンの登場により緩和が発生

ところがここ数年間で、ビジネス関連の融資商品はだんだん増えてきました。となると、金融業者の方々としてはライバルを意識せざるを得ません。うかつに断ってしまいますと、他の金融業者に顧客を取られてしまう可能性があります。

そこで金融業者としては、敢えてハードルを下げる事があるのです。顧客確保を優先させる必要があるので、たとえ赤字の方々でも融資をする業者も、最近は増えつつあります。ですのでビジネスローンによっては、たとえ赤字決算でも借りれる事はあります。

4.それでも赤字は要注意

しかし、やはり現実的には赤字の方々が不利になるのは確実です。金融業者の目線からすれば、やはり黒字経営の方々を優遇したいと思うのは、ごく自然ですね。赤字でも検討の余地はありますが、100%確実に借りれるとは限らないので、要注意です。

赤字でも可能な会社を検討

ですので赤字の方々のビジネスローンに関しては、次のような状況です。
・昔は赤字の方は難しかった
・最近はライバルが増えたので赤字でも借りれる事はある
・それでも赤字では不利になる

結局、赤字では厳しいのは確実ですね。ただ中には借りれる可能性がゼロでない金融会社もあるので、赤字でも資金を調達したいなら、敢えてそこに申込をするのも一法です。